体を長持ちさせるための整体

整体は体の修理家もクルマも長持ちさせるには、故障したり壊れる前に、小まめにメインテナンス(維持管理の調整・補修)が必要なことは、ほとんどの人がわかっていると思います。

多くの人たちは、辛くなったら症状(だけ)を消すという対症療法で済ませています。痛みや不調などが出てきてから病院や治療院を訪れるのが一般的のようです。 病院や治療院自体の方法論が、対症療法だから当然のことではあるのですが…

でも、この世での生存の基盤である身体をできるだけ長持ちさせるには、日ごろからのメインテナンスが必要なのも当然のことです。

家やクルマなどの代替可能な物に対してより、身体に気を使わない人がいかに多いでしょうか!

理由の一つには、物は人が手をかけて補修してやらないと、壊れ錆付く一方ですが、生きている身体は、自分の故障は自分で自動的に治してしまうからだと思います。

しかし、これも程度問題で、限度を超えたら、いかにメンテナンス・フリーの身体でも、壊れてしまい、自力で自動的には補修できなくなります。

というと、食事内容や運動を細かに決める類の健康管理の必要性を唱えているように思われるかも知れませんが、一番カンタンで最も効果的な身体のメインテナンス方法は、身体の発する声なき声を聴くことだと思います。

ちょっとした身体の変調や要求も聴き取れるようになり、それにその都度対応していれば、そうカンタンには身体は壊れないようにできています。

あまりに厳格に神経質に健康管理や検査をすると、それ自体が過剰なストレスとなって身体を壊してしまうことがあるようですが、痛みや不快感に耐えられなくなってから病院を受診したり治療院を訪れたりするのでは、手遅れになっている場合もあるし、治すのに時間もお金もかかってしまいます。

当院の理想としては、身体が壊れる前に調整に訪れていただき、常に快適な状態を維持していただくことです。

施術後に身体の調子を尋ねると、わからない、感じないと答える方がいらっしゃいますが、身体を意識せずに生活できることが、最高の状態だと思います。

そのためには、逆説的ですが、身体の声にちゃんと耳を傾け、要求を叶えてあげることが必要だと感じています。

不調の原因と整体の意味

体の歪み

当整体院に施術を受けに来る人のほとんどは、どこかしら体が歪んでいます。といっても、マネキン人形のような、または骨格模型のような、左右対称で均整の取れた完璧なバランスの体の人は、生身の人間にはほとんどいないとは思いますが。

生きるということは、ストレスを受けるということでもあります。全くストレスがない状態でも、生物はおかしくなるらしいのです。だから、適度なストレスは生きていく上で必要なのです。ただ、問題は、過剰なストレスを受けた場合です。

体の使い方が悪いから、姿勢が悪いから体が歪むという考え方があります。それは確かだと思いますが、常に完璧なバランスを保って体を使い、姿勢を保ちながら生活することは、ほぼ不可能といえます。

無理な姿勢、無理な体の使い方をしなければならない瞬間、時間帯は、仕事をしていれば、なんらかの形で体験しているのが普通です。

その歪みをリセットするために、休息し睡眠を取るのです。食事で栄養補給するのも、活動のためのエネルギー補給の他に体の状態を正常に保つための意味もあると思います。

病気になるのは、筋肉や骨格、内臓、循環機能、ホルモンなど、総合的なバランスが崩れた状態が続いた結果だと思います。筋肉、骨格だけでなく、体の機能のバランスが乱れれば、体型は歪みを生じます。

体の機能を司っているのは、自律神経だから、病気の人は、自律神経のバランスが乱れているはずです。

例外はありますが、多くの病気は、交感神経が優位に立った心身ともに緊張状態が続いている状態です。その結果、血管の収縮、血圧の上昇、白血球の顆粒球が増加
し(顆粒球は異物を撃退する働きがあります)、その結果活性酸素を撒き散らし、長期間続けば体内器官の損傷を招きます。筋肉も当然緊張状態になり硬くなります。

施術の途中でうとうとする人、かるくいびきをかく人もたまにいらっしゃいます。施術効果があがっている人は、ほとんどの場合、体がリラックスしていると感じるようです。この状態は副交感神経優位の状態で、免疫力も高くなっているはずです。

実際に不調のある人に整体をしていきながら、医者や整体師、治療家の著書を読んで勉強した結果、我々整体師がやっている施術の意味は、こういうことではないかと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です