川越情報

川越情報…小江戸川越の魅力をご紹介

上京してもう30年以上が経ちましたが、以前、東京の板橋区に住んでいた頃、同じ東上線沿線の町、川越には何度か行ったことがありました。

川越に引越したのは、そのとき散策した「蔵作りの街並み」のある川越の町が気に入ったためです。

今現在、「蔵作りの街並み」からわずか徒歩5分のところで、生きがいである整体院を営業できていることは、幸せだと感じています。

休日には、もう自分の町と言ってもいい「蔵作りの街並み」を散策することがありますが、画一的になった日本の町には珍しい個性的で古き良き日本の風情を感じることができるこの町が気に入っています。

川越市の蔵作りの街並み

当院から歩いて5分ほどの所に、川越の有名な観光地「蔵作りの街並み」と「菓子屋横丁」があります。

川越の時の鐘

蔵造りは、類焼を防ぐための耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。
関東大震災と太平洋戦争時のアメリカの爆撃で、江戸、明治、大正時代に建てられた古い街並みの大部分が消失したので、現在の東京では見ることのできない江戸の面影を、小江戸と呼ばれる川越で見ることができます。

川越の蔵作りの街並みは、平成11年12月には国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、平成19年1月には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

当院で整体を受けられた後、お時間に余裕があるようなら、蔵作りの街並みを散歩してみてください。施術で軽く楽になった体で歩く、古き良き日本の街並みは、心に残ることでしょう。

川越の菓子屋横丁

川越市の菓子屋横丁では、明治の初めからお菓子を製造していました。関東大震災で大きな被害を受けた東京に代わって、川越で駄菓子を製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ねていたそうです。

菓子屋横丁1

現在でも20数軒の店舗が連なり、下町の横丁の雰囲気を味わえます。横丁が醸しだす庶民的な雰囲気と、あめやせんべいなどの下町風の駄菓子は、大正、昭和の古き良き昔の日本のノスタルジーを感じたい人たちが、沢山訪れています。

平成13年度には、横丁が醸し出す雰囲気と下町風の菓子の懐かしいかおりが漂うということで、環境省の実施した「かおり風景100選」に川越の菓子屋横丁が選ばれました。

菓子屋横丁は、当院から歩いて5分ほどの所にあります。施術を受けて軽く動きやすくなった後で、下町の雰囲気漂う菓子屋横丁を散策してみてはいかがでしょうか?

菓子屋横丁の地図とお店紹介はこちらから

クレアモール

川越は古い町並みが残っていて江戸時代の城下町の面影がありますが、人口33万人の商業都市でもあります。人口減に悩む地方都市が多いなか、川越市の人口は、毎年着実に増えています。

クレアモール2

商業都市としての川越を感じられる一番の場所は、川越駅から蔵作りの街並みの方に続いているクレアモールです。クレアモールは、埼玉県川越市脇田町から新富町にかけて広がる商店街の総称です。東武東上線・JR川越線の川越駅からほぼ真北に伸びていて、1,200mも続いています。埼玉県の地元のデパートとして親しまれている丸広百貨店(本店・中核店舗)は、この通りの中心部にあります。

クレアモールは午後1時から6時までは車の通行はできません。毎日、午後は歩行者天国なのです。平日の昼間でも若い人を中心に人通りが絶えません。様々な業種のお店が通りの両側に立ち並び、ブラブラ歩いているだけでも楽しくなります。

東京の高円寺商店街や板橋の大山商店街も長いですが、クレアモールもそれに匹敵すると思います。

喜多院

川越の喜多院は、川越大師として知られています。年間を通じて参拝者が絶えませんが、特に正月のだるま市・2月の節分会・春の桜まつりには、多くの人が訪れています。

喜多院

喜多院には、川越が誇る文化財がいくつかあります。喜多院は徳川家とゆかりの深いお寺で、江戸城から移築された家光誕生の間や春日の局化粧の間を見ることができます。

また、家康の遺骸を日光に運ぶ途中で、川越の喜多院で法要を行ったことから、日本三大東照宮のひとつである仙波東照宮も建てられました。境内の一角に設けられた五百羅漢像は、一体一体が違った表情で、見ていてあきません。

近くには毎月28日に行われる蚤の市で有名な成田山別院があり、見所の多いエリアです。境内は、古き良き江戸時代の雰囲気が漂い、春は桜や新緑の美しさ、秋は客殿から望む紅葉を楽しむことができます。

当院で整体を受けた後、お時間があるときは、喜多院まで足を伸ばしてはいかがでしょうか?

川越お勧めレストラン

自炊することが多いですが、休日には外食を楽しみにしています。グルメではないですが、せっかく外食するなら美味しく雰囲気が良いレストランでと思います。僕が住む川越市に何軒かお気に入りの食堂やレストランがありますので、いくつかご紹介しますので、近くに来たら行ってみてください。

■鰻屋
川越の食と言えば、サツマイモが有名ですが、鰻屋(鰻の蒲焼)も有名です。値段が高いので、気軽には行けませんが、川越の老舗の鰻屋のひとつ「小川菊」は行ったことがあります。

創業が江戸時代の後期とい歴史のある鰻屋で、建物は関東大震災後の大正時代に建て替えたそうで、古き良き日本の食堂といった雰囲気が漂っています。鰻は甘さ控えめで香ばしい香りが食欲をそそる、専門店の味といった感じでした。
http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000040/

■イタリア料理

川越市駅近くに本格的イタリアン・レストラン「ベニーノ」があり、何度か行ったことがある。店内のインテリアの雰囲気が良い。味はもちろん悪くないが、ピザは僕には少ししょっぱい感じ。http://r.gnavi.co.jp/g529000/

休みの日、昼食は外で食べようと川越駅に向う途中で、「まぐろカツ」の文字が目に止まったので入ってみた。イタリアン・カフェ「ベイ・ルークス」のランチだ。650円。安い!大皿に何種類か料理が載って飲み物も付く。ちゃんとイタリアンの味がして、コーヒーも美味かった。http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11026463/

■タイ料理

近所、川越市駅近くに「ランマイ」という本格的タイ料理屋がある。古い建物の2階にある(下はイタリアレストラン)。タイは何度も行ってるが、本場の味と遜色ない。美味しいと思う。タイ人女性が一人でやっているが、まったく愛想がないのが玉に瑕。http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000183/

■中華料理

ランチのときよく行く食堂です。本川越駅のショッピングセンターPePe(ペペ)の前にある「香港菜館」というお店です。中国人の料理人と奥さんでしょうか?愛想のいい女性が、中国語なまりの日本語で応対してくれます。

ランチタイムは580円です。日替わりではなく、毎日16種類もの定食が注文できるのは、うれしいです。日替わり定食の代表的メニューとしては、「エビチリ定食」「八宝菜定食」「麻婆豆腐定食」「五目チャーハン」「ジンジャオロース定食」などです。麺類の定食もあり、「海鮮ラーメンとチャーハンセット」「四川風焼きそば」など本場の中国料理がお安い料金で楽しめます。

定食の他にも、本格派の中国料理のメニューが豊富なので、夕食時にお酒を飲みながら中華料理をつまむのも楽しいと思います。お酒も、ビール、日本酒、紹興酒などがあり、料金も安いです。
http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11024109/

■ラーメン

川越は個性的なラーメン店が多い印象。その中でも「頑者」(がんじゃ)は、行列ができるラーメン好きには有名な店。僕は並ぶのが嫌なので1度しか行ってないが、濃くのあるスープに太い麺は、確かに美味しい。http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000150/

施術所の近所に個性的なラーメン屋がある。UNDER GROUND RAMENという変わった名の通り、他では食べられないような個性的なラーメンを出す店。場所がわかりづらいが、味は悪くない。http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11001968/

■洋食

蔵づくりの街並から外れて少し路地裏に入った所にある隠れ家的なレストランが「太陽軒」です。その名の通り、最初は中華料理店として創業したそうです。レトロな雰囲気の建物は、色漆喰の外壁と店内はステンドグラスが印象的です。建物は、国の登録有形文化財に指定された昭和初期建築の洋館です。おしゃれで落ち着いた雰囲気の店内でいただく洋食は、上品な味で、デートにも最適です。http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11010929/

すぺいん亭 川越市の市街地の端にある本格的なスペイン料理がリーズナブルな料金で食べられるお洒落なレストランです。店内はスペイン風の装飾が施され、一歩中に入るとスペインにタイムスリップした気分になります。特にお勧めは、オーナーシェフが本場バレンシア・スエカのパエリアコンクールの国際部門で1位を6回も獲得。総合ではアジア人歴代最高位の2位を獲得した実績の裏づけがあるパエリア!やさしい味付けで魚介の風味が活きています。
すぺいん亭店内
http://spain-ichiba.p-kit.com/

■蕎麦屋

蕎麦好きなので、蕎麦屋もご紹介。川越市役所前にある「手打ちそば 百丈 」。十割蕎麦(蕎麦100%)の今時珍しい蕎麦。腰はあるが、少しボソボソする。汁は辛め。美味しいとは思うが、量は少ない。8割蕎麦くらいの方が喉越しはいいと思う。http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11003304/

川越の蕎麦屋で一番よく行くのが「笠置そば 川越店」カウンターしかない小さな店だが、蕎麦は美味しい。汁も美味しいが僕には少し味が濃い目。お気に入りは海鮮かき揚げ蕎麦(550円)。店が立ち食い店風(座れるが)なので、値段も安い。
http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11012592/

そば処ときわ
最近良く行く蕎麦屋。せいろが美味しい。麺は細く少しちぢれてる。汁は少し辛めですが、出汁が効いてて美味しいです。昼食に良く注文するのは、カツ丼セット。小さめのカツ丼とせいろ蕎麦(ざる蕎麦)の組み合わせが絶品で、満腹感もあります。場所は川越八幡宮のそばです。クレアモールと並行して走る落ち着いた雰囲気の八幡通り沿いのビルに2階です。
http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11019987/

 

西武新宿線の本川越駅から徒歩2分の所にある、うどん屋 手打うどん 長谷沼(埼玉県川越市中原町2-1-13 )Tel.049-277-4838)です。
うどんはシコシコして腰があり、つるつるして喉越しがよく、当然美味しいのですが、何よりこの店は出汁が美味しいのです。

本川越のうどん屋

出汁の材料は、・香川県伊吹産 いりこ ・北海道利尻産 昆布 ・長野県産 どんこ[干し椎茸]・高知県産 かつお節、を使っているそうです。

揚げたての天ぷらも美味しいです。
http://hasenuma.com/

川越市の桜の名所

川越には桜の名所が沢山ありますので、いくつかご紹介します。
川越の桜
◎写真は、川越の三芳野神社の境内の桜です。

●喜多院(埼玉県川越市小仙波町1-20-1)
喜多院(お寺)の桜の種類は、染井吉野桜と枝垂れ桜です。染井吉野桜は3月下旬から4月上旬 にかけて、枝垂れ桜は3月下旬ごろに見ごろになります。

●中院(埼玉県川越市小仙波町5-15-1)
中院(お寺)では、枝垂れ桜や染井吉野桜、彼岸桜が楽しめます。喜多院から近いので、川越の桜散策のお勧めコースです。

●川越氷川神社裏の新河岸川(埼玉県川越市宮下町2-11-3)
川越の氷川神社裏の新河岸川の桜は、氷川橋付近が見所です。数百メートルにわたって新河岸川の両岸に桜の花が咲き揃います。桜吹雪の時期には、川面がうすくピンク色に染まるほどです。

●伊佐沼公園(埼玉県川越市伊佐沼584)
川越市の伊佐沼公園の桜は、伊佐沼公園と伊佐沼の間にある鴨田排水路沿いで観られます。種類は、染井吉野桜の桜並木が楽しめます。沼や水路沿いを散策をしながら楽しむ桜の名所です。

川越市内の温泉

温泉が好きなので、よくいきます。川越市内には、3箇所、天然温泉の施設があります。

小さな旅…川越温泉
川越駅から西の方向へ1.6kmほど行った所にあります。ハローワーク(職業安定所)に行く手前です。嗜好を凝らした露天風呂が6つほどあり、サウナ風呂もあります。ちょっとした不調なら、温泉にゆっくり浸かるだけで、解消することが多いです。
http://www.kawagoe-onsen.com/

湯遊ランド
小江戸川越の蔵造りの町並からほど近い商店街の中にあるホテル三光内の温泉施設です。川越観光で歩き疲れたら、寄ってみてはいかがでしょう。疲れが吹き飛ぶことでしょう。
http://kawagoe-yuyu.com/

小江戸はつかり温泉(川越店)
田んぼの真ん中にある温泉施設です。露天岩風呂がゆったり広く、夜に行くととてもいい雰囲気で癒されます。
http://www.kuranoyu.net/kawagoe/

 

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..

Posted by desk@toiee.jp