川越市の旧山崎家別邸

先日、川越市の蔵造りの町並から徒歩3分ほどの所にある、旧山崎家別邸に行ってきました。100年前のモダンな日本の富裕層の住宅で、当時のお金持ちがどんな家に住んでたのか雰囲気を味わえます。

旧山崎家別邸は、川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目「山崎嘉七氏」の隠居所として、大正14年に建てられました。

この建物は、和洋折衷の設計になっていて、主屋・茶室・腰掛待合が、川越市の有形文化財に指定されています。

一般住宅には珍しいステンドグラスが、階段の踊り場に入れられてあり、外からも見えます。アールヌーボーの雰囲気がある作品です。

庭園も落ち着いて雰囲気で風情があります。設計は、保岡勝也という建築家で、2011年に国の登録記念物(名勝地)に指定されました。

保岡勝也は、明治・大正・昭和と活躍しました。丸の内の赤煉瓦オフィス街を初めとして、多くの住宅建築を手がけています。川越市では4つの作品を設計しました。川越4部作と呼ばれる「旧国立八十五銀行本店」「旧山崎邸」「山吉デパート」「川越貯蓄銀行」です。川越貯蓄銀行以外は、今もその姿を観ることができます。

外観だけでなく内部も入って観ることができます。入館料は、100円です。学生は半額の50円。中学生以下無料です!

4月〜9月までは、午前9時30分〜午後6時30分 10月〜3月は、午前9時30分〜午後5時30分まで開館してます。  ※入場は閉館の30分前までです。

休館日は、 毎月第1・第3水曜日(祝日の場合、その翌日が休館日 12月29日〜1月1日)です。

■住所:埼玉県川越市松江町2-7-8

写真を撮ってきたので、観てください。

旧山崎家別邸の門
旧山崎家別邸の入口の門です。
旧山崎家別邸外観1
洋館の方の入口から玄関の眺めです。
旧山崎家の洋館の玄関
洋館の玄関です。ステンドグラスが左側の窓に見えます。
旧山崎家別邸の日本家屋
日本家屋の方の外観です。
旧山崎家の和室の広間
和室の広間です。縁側に人が座って談笑してました。
旧山崎家別邸和室
和室は続き間になってます。
旧山崎家別邸の床の間
床の間です。
旧山崎家別邸の応接間
洋館の方の応接室です。
旧山崎家別邸のダイニング
ダイニングルームです。
旧山崎家別邸のサンルーム
全面ガラスのサンルーム。
旧山崎家別邸のステンドグラス
ステンドグラスです。
旧山崎家別邸のステンドグラス2
階段下のステンドグラスです。
旧山崎家別邸の流し
流しです。風情があります。
旧山崎家別邸の洋室
洋室です。西洋の家という感じでした。
旧山崎家別邸の天井
天井も見事にデザインされてます。
旧山崎家別邸の和の玄関
日本建築の側の玄関です。
旧山崎家別邸を庭から望む
庭から別邸を見たところです。
旧山崎家別邸の庭
和の庭園のエリアです。左手の方に茶室が見えます。
旧山崎家別邸の管理棟
管理棟です。ここで入場券を買います。清潔なトイレもあります。

当院の川越情報もご覧ください。

◎ブログランキングに参加中。下記のボタンをクリックしてもらうと更新のはげみになります!

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

川越関連

Posted by 小林昌弘