寝る姿勢は体調のバロメータ

寝る姿勢は体調のバロメータ

あなたは、寝る時の姿勢(睡眠時の姿勢、寝相)を意識してますか?

寝相には大きく分けて3つあります、仰向け、うつ伏せ、横向き。
あなたはどれでしょうか?健康意識の高いあなたなら、どの姿勢が睡眠に一番いいかも気になるところだと思います。

体の安定感からいえば、仰向けかうつ伏せが安定しているといえます。体の歪みを気にする人なら、仰向けが一番というはずです。
横向きでは脊椎と骨盤が歪みそうだし、うつ伏せだと頚椎(首)が曲がりそうだし。

僕は横向きで寝ることが多いのですが、寝姿を意識するようになってから気付いたことがあります。
それは、一番楽で眠りやすい姿勢を自然にとるということです(当たり前ですが…)。

そこまでは、感覚的にすぐ理解できますが、どれが楽かということは、何で決まるのか?考えてみました、というか、自分の体の感覚を思い出してみてわかったことがあります。

仰向けで寝ると楽なときは、比較的体調がよく、特に不調な部分がない、ということです。仰向けに寝るのは、結構体力がいるようです。睡眠自体が、意外でしょうが、基礎体力がないと長時間眠ることはできないそうです。ドラマなどだと、重病の患者が平気で仰向けになっていますが、肺がん患者などだと、上体を起こしていた方が楽なので、なんとか睡眠をとることができるようですが、仰向けだと眠ることができないといいます。

例えば、腰が不調なときに、仰向けに寝る気はしません。仰向けだと(横向きに比べ)腰椎に負担がかかるからでしょう。横向きで膝を曲げ、海老のように背中を丸めた方が、腰が楽です。ぎっくり腰のときにも、この姿勢なら楽なようです。

消化器官などの内臓が不調のときにも、仰向けはきついです。お腹をかばうように丸まった方が楽だし安心感があります。

肩や首、背中の上が凝って硬い感じがするときには、うつぶせが楽です。欧米人はうつ伏せで寝る人が多いような気がします。映画で観ると、うつ伏せ寝が多いような気がしませんか?ただし、あれは、やわらかいマットでないといけないようです。硬い布団でうつ伏せはあまり楽ではありませんから。

自然に仰向けに寝ているときには、体調がいい。横向きやうつ伏せになりたいときは、どっか不調や不安があることが多い。そんな感じがしますが、体質や心理的な傾向によっても、快適で安心感のある姿勢は変わってくるようです。

理想の寝姿

●熟睡できる

●姿勢が楽で気持ちよい

●疲れない(起きたとき、体が痛まない)

この条件を満たしている寝姿なら、どれでもいいと思います。それと、最初に仰向(上向き)に寝ていても、寝返りを打つので、睡眠中では途中で変わってしまいますから。

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..