整体で改善する外反母趾の痛み

外反母趾の痛み

足の骨格は、28個の骨が集まって縦と横のアーチを形成しており、歩いたり走ったりジャンプしたりした時の衝撃を吸収できるようになっていて、歩くとき足を蹴り出すためのバネの役割も担っています。

骨盤や背骨の歪みなどの影響で足底のアーチが崩れてくると、外反母趾や扁平足や開帳足になり、足の指が痛くなります。足底の縦アーチの崩れは扁平足、足底の横アーチの崩れは開帳足を招き、開帳足は外反母趾の原因になり歩行時の痛みにつながります。

足の骨格

整体師としてクライアントさんの体をよく観察していますが、足の親指が内側に曲がっている方は少なくないようです。特に女性が多いです。

親指がかなり内側に曲がっていても、痛みがないという人も少なくないですが、そういう人でも2~3時間以上歩いていると痛み出すことがあるようです。

整体で、骨盤と背骨の歪みを矯正するだけで、外反母趾による歩行時の痛みは減少したり解消するケースも多いです。さらに股関節、足首と痛む部分の足指の関節(外反母趾の多くの場合は親指の第二関節付近)を矯正・調整すれば痛みはさらに軽くなり、足指の形も改善することがあります。

整体で骨格を調整した後で、足にテーピングするのも施術効果を持続し高める効果があります。外反母趾でお悩みの方は、当院の整体をお試しください。

外反母趾の原因

ハイヒールの女性の外反母趾

外反母趾の原因は、一般的には、ハイヒールと足先が細い靴、サイズが合わない靴と思われています。小学生や男性でも外反母趾で歩行時に痛みを感じている人はいますし、ハイヒールの靴を履くのを止めても足指が痛んだり外反母趾が悪化する方もいます。ハイヒールは足指への負担が大きく、歩きづらい靴なので、外反母趾になるリスクが高いです。

体の捻れが外反母趾の原因になっている場合も多いです。体、特に腰が左右に捻れていると、足裏の重心が、片側の足の親指の付け根のふくらんでいる部分(拇指球)に余計にかかります。右側に捻れがあれば、左足の親指の内側に体重が余計にかかります。左側へ捻れていれば右足のほうにかかります。

特に、足の片側の外反母趾が酷い場合は、その反対側に上体が捩れていることがあります。体の捩れを整体で調整するだけで、歩行時の痛みが解消することがあります。

女性に外反母趾が多い理由の一つは、先が細くてヒールの高い靴を履く機会が多いことによって、常に拇指球の方向へ体重がかかっている状態になっているからです。

必ずしも靴だけが原因ではありませんが(男性にも外反母趾はいます)、外反母趾というのは、(拇指球に重心がかかる結果)足の甲の先の部分の指の付け根の骨(中足骨)が広がった結果起きると考えられます。

中足骨や拇指球付近に体重がかかって長時間静止していると、筋肉が疲労し働かなくなってしまうのです。その結果として中足骨が開いてくるのです。

外反母趾の予防と悪化を防ぐためにまずしなければならないのは、足裏の重心を拇指球からもっと踵の内側の方向へ移すことです。

体重を載せるための足裏の正しい位置は、距骨という踵の骨(踵骨)の上の骨の上です(踵と土踏まずの境目の辺り)。この骨の上には(立っている状態のとき)脛骨という脛の部分の太い骨があるので、筋力をあまり使わなくとも立っていられるので、楽な立ち方でもあります。

距骨に体重をかけ脛骨で立つことができれば、中足骨のまわりの緊張が解けていき、足の甲が高くなっていき、外反母趾で扁平になっていた足の甲にアーチができてきます。その結果として足自体が物理的に強くなり、性能がアップします。

靴はヒールが低いだけでなく、できるだけ足の甲の部分をしっかりと固定できるものが、外反母趾予防と悪化防止のためには必要です。

体、特に下半身の捻れやハイヒールや合わない靴は外反母趾の原因になりますが、歩き方の癖、不適切な歩き方で外反母趾になり痛むという方も少なくありません。

具体的には、外反母趾の方の多くは、歩くとき踵(かかと)から足を着かず、足の裏全体でペタッと接地する歩き方をしています。このペタペタ歩きが外反母趾の原因になっていることもあります。

爪先を進行方向に向けて、踵から着地して足先に体重を移動させる歩き方に改善することが、外反母趾の進行を止めたり、整体などで改善した状態を維持するためには必要です。

歩くだけで痛む外反母趾の痛みが解消! 

18歳の女性

高校3年生の女性です。爪先が細い靴を履いただけで右側の足の親指の外側が痛む、幅広の靴を履いても歩くと痛むという症状でお悩みの方を施術しました。他に、足指、特に親指の爪が巻き爪で、外反母趾と同じ側の爪の痛みもあります。

爪は手術で外側を切り取るしか痛み解消は無理と、整形外科で言われてましたが、身体の捻れ(骨盤と背骨)を解消したら、外反母趾と巻き詰めの痛みが8割がた解消しました。

その時の嬉しそうな明るい笑顔は忘れられません。

※施術効果には個人差があります。

幼児の外反母趾について

幼児の外反母趾は未経験ですが、裸足で歩いてれば成らないと思うので、靴が原因かもしれません。股関節や足首、骨盤に問題がある可能性はあります。

5歳位では骨格も関節も完成してないので、長時間歩かせるのは良くないと思います。

川越の整体で外反母趾を改善しませんか?

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ