呼吸の目的

命を維持するための呼吸

呼吸の深さと安定度は心身の健康状態のバロメーター

施術でさまざまな人の体に触れて感じることは、体調の悪い人は体のバランスが崩れているということです。最初の姿勢のチェックで体のバランスをみますが、不調と関係する箇所が歪んでいるのが感じ取れます。

体調不良の人の多くは、呼吸が浅く不規則な場合が多いです。呼吸のリズムが一定でなく不規則、呼吸が浅くなどが特徴です。

人は息を吐いて生まれ、息を吸ってこの世から去っていく

人は母体からこの世に生まれ出るときに、「おぎゃー」と産声をあげながら息を吐くことによって人生をスタートします。そして、死ぬときには、息を吸い込んでこの世から去っていきます。呼吸の文字にもそれが現れています。

「呼」は息を吐くことです。
「吸」は息を吸い込むことです。
「呼」が最初に来ていることには、ちゃんと現実的な意味があるのです。

呼吸で緊張と弛緩をコントロールする

たいていの人は息を吐くとき緊張が緩みます。
逆に息を吸い込むときに緊張します。

人の身体的な機能をコントロールしている「自律神経」は、人が頭(大脳)で考えなくとも、自律的(自動的)に働きます。意識(顕在意識)の必要なしに働いている自律神経ですが、呼気で緊張を緩め、吸気で緊張するというメカニズムを利用することで、呼吸を通じてある程度コントロールすることができるます。

人は力を出すときには、息を吐く

息を吐きながら、あるいは吐いてから止めるという方向でないと、力が出せません。これは一見逆のように見えます。力を出すのだから、緊張が必要なのではないかと。

しかし、人が動作を始めるときのことを考えてみればわかるように、緊張状態では、関節も硬くなり、自由に動くことができません。筋肉と緩め、関節を柔らかくすることで、体にしなりのような、力の溜めの状態を作ってからでないと、瞬発力も生まれないし、最大限の力を発揮することもできないのです。

これは精神的な面でも言えると思います。適度の緊張は集中力を生み出しますが、極度の緊張は精神的な自由を奪い、何も考えられなくします。俗に言う「頭の中が真っ白になった」という状態です。

格闘技などでも、達人の域に達している人だと、相手が息を吸ったときに、攻撃をしかけるそうです。相手が吸気のときに、自分は呼気で体を動かすわけです。これは他の動物でも同じだそうです。肉食獣が攻撃を仕掛けるときには(至近距離の場合でしょうけど)、獲物が息を吸ったときに飛びつくそうです。

呼吸を合わせることで相手と同調する

整体の場合は攻撃ではありませんが、相手(不調者)の呼吸を観ながら施術するようにしています。不調の方をリラックスさせることで施術がやりやすくなりますし、余計な負担をかけることもなくなります。

会話の場合も同様です。相手と呼吸を合わせると、話の内容がよく理解でき、また、自分の伝えたいことも伝わるようです。うなずく行為は呼気と同調しているので、相手が話しているときに(つまり声を出しているので呼気のときに)適時うなずくことは、呼吸を合わせるということにつながるようです。

施術を受けに来る人は、先に書いたように呼吸が浅く、不規則な人の割合が多いので、施術を通じて呼吸が深くゆったりすることをひとつの目的として施術しています。深く呼吸するということは、呼吸効率を高め、体の隅々にまで酸素を補給することができるようになるので、それだけでも体調にいい変化が現れることがあります。

深呼吸で感情の昂ぶりを鎮める

深い呼吸のコツは、呼気にあります。
息を吐ききることで、十分に吸い込むことができるのです。
呼気に焦点を当てた深い呼吸をすることで、イライラや嫌なことがあって感情が昂ぶっているのを鎮めることができます。

喧嘩して感情のままに相手を傷つけるような言葉を吐き出したいと思ったときには、ちょっと間を置き、思い切り息を吸い込み、深く長く息を吐き出しましょう。感情の昂ぶりもその息と共に吐き出されるのが実感できるはずです。

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..

Posted by desk@toiee.jp