使わないと体は衰える

動くことは生きること

身体

人も動物の一種です。巨大な脳を持ったが故に、複雑な精神構造も得ましたが、基本はあくまでも他の動物と同じです。

「動物」とは読んで字のごとく、動く物(者)です。動くことが、動物の生活の基本ですし、生きることと動くことも基本的には同じです。だから、動かなくなったら、死に近づいているともいえます。

現代の生活では、体を動かす機会が減っています。わざわざスポーツジムなどで体を動かす機会を作らなくてはならないほどです。

使わないと体はどんどん衰えていき身体機能が落ちていきます。筋肉が硬くなり、筋肉を収縮させる力が弱くなり、関節の動く範囲が狭まります。

血管も弾力性を失い、血圧を上昇させ、血行も悪くなり、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、体の組織、細胞の機能が衰えます。

整体的な方法論としては、体の歪みを修正し緊張を解くことで、自然治癒力が活性化され体の不調が解消していくと考えますが、それでも、日頃ほあまり体を動かさない人は、慢性的な不調の状態に戻る時期が早いような気がします。

自分でも体を、全身を動かすことが、健康維持、ひいては、生活の質の向上や人生の幸福度を高めると思います。

激しいスポーツや人と競争するようなスポーツ(競技)をする必要はありません。体を動かすことが楽しいと感じ、終わった後に爽快感と軽い疲労感、軽く息がはずむ程度の運動や体操で十分です。

体を使わず、同じ姿勢のままでいることは、体に最も負担のかかることなのだと知っておいてください。

習慣的に体をまんべんなく使うことで身体機能がアップし、心も軽くなり、前向きな気持ちになるのを実感できると思います。

運動の効用

基本的に、いまのカタチの文明の発達の方向性は、体を使わずに(楽をして)何かを達成しようということだと思います。

しかし、体を動かさない先に待っていることは「死」です。動物が体を動かさなくなったということは(植物でも同様なので、生物ということです)死を意味します。

人は長生きしたいと考える、おそらく唯一の生物です。生物は生存本能があるといわれていますが、今、現在、を生きていたいという「意志」はあっても、何歳まで生きたいとか長生きしたいと
か死にたくないとかは思っていないはずです。

人の意志はだから、矛盾しています。体をできるだけ動かさずに楽をして何かを達成したいと思っていると同時に、長生きがしたいと思っているからです。

健康でいたい、でも、運動はしたくない。不調になったら、病気になったら、自分では何もせずに、薬や医者に治してもらえばいい、というのは、いまの文明の方向性と一致してはいますが、欲求の方向性は本質的に矛盾しています。

 

前置きが長くなりましたが、(健康に)生きていたければ運動しようということが言いたかったわけです。

運動(体操)の効用は大きく分けて7つあると言われています。

その1)筋力を強化できる。
その2)筋肉の緊張緩和。
その3)血行を促進させる。
その4)関節の可動域を広げる。
その5)筋ポンプ作用の強化。
(脚の筋肉には血液循環を維持するための「筋ポンプ作用」があるとされています。筋肉を伸縮させることで、血液を循環させるポンプの役割が果たせるということです)
その6)体の組織、機能の維持。
その7)リフレッシュできる。

そして、これらを総合すると、健康で長生きすることにつながります。

その逆に、体を動かさず、健康を人任せにする方法論では、本質的に長生きはできないと思います。

薬やマッサージなどで代替できる効用もありますが、これら全てを手軽に自力で無料でできるのは、運動(体操)だけです。

生存に本当に必要なことには、実は、それほどお金はかからないものです。本人のやる気と多少の努力の方が重要なのだと思います。

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..