五十肩の原因と解消法

肩関節、鎖骨の関節、肩甲骨の調整、骨盤矯正、背骨の矯正で、五十肩を改善に導く整体です。

五十肩の原因と解消法

五十肩というからには、五十代に多いと思われますが、実際には40代から60代までと幅があります。

五十肩の男

症状は、肘を曲げなければ万歳できない(腕が充分に上がらない)、肩が痛む、腰や背中に手を回せない、夜中に肩に激痛が走る、寝返りのとき肩が痛むなどですが、痛みが出るようになったら慢性化していると考えていいと思います。

日常的には、服の着脱が困難になり、女性だとブラジャーやワンピースなどの着脱で後ろに腕が回せないので辛いようです。髪を梳いたり(整えたり)、重症だと歯磨きも辛くなります。

整形外科や接骨院などでは、固まった肩の筋肉を強くもんだり、痛み止めを処方されたり、電気や低周波を当てる治療が行なわれています。手に(アイロンなどの)錘(おもり)をもって腕を動かす「アイロン体操」や、痛んでいいからストレッチをするよう指導されることがありますが、一時的に改善しても翌日や2日後には症状が戻っていることが多いようです。

筋肉だけをゆるめたり、薬で痛みだけを取っても、肩関節を構成する骨格とその中心部で体を支え腕の動きの支点になっている背骨の歪みを正さなければ、回復までに長時間かかってしまいます。

当院の整体施術では、背骨の土台でもある骨盤(仙骨、腸骨)を矯正した後で、背骨の調整も行い、その上で、肩関節を調整します。それを行なった上で固まった肩や腕や背中の筋肉をゆるめてやれば、改善は早くなります。

五十肩に似た症状で注意が必要なものに、心臓疾患の初期症状があります。これは、左側の腕や肩が痛んだり、背中が痛んだり、胃や胸の痛み、吐き気を伴うこともあるようです。

また、胆石でも、右肩甲骨の辺りが痛んだりすることがあるので、要注意です。

五十肩(四十肩と呼ぶこともあり)は、肩甲骨をあまり動かさない日常生活のなかで固まり、それと関連して鎖骨の動きが悪くなり、肩関節も固まってくるため、肩の動きが制限されたり痛みが生じたりすることで発症すると言われています。

さらに五十肩のなかには、内臓の不調が原因のタイプもあります。

●内臓の疲れが原因の五十肩

右肩が痛む、動きに制限がある場合は、長期間に渡り、お酒の飲みすぎ、薬の服用、食べ過ぎ、精神的ストレス、過労、睡眠不足があると、肝臓は疲れて機能低下を起します。それによって、体が右重心(立ったとき、体が右側に傾いた状態(肝臓は右側にある))になり、そのため右腕が体から離れて肩からぶら下がった状態になり、それが長期間(数年間)続くと、右肩への負担が蓄積します。それが限界を超えると、肩の動きが悪くなり痛みも発生します。左肩の場合なら、体の左側にある胃や心臓の疲れが原因と考えられます。

寝る姿勢が原因の五十肩

横向きで寝ることが多い人の場合は、体の下になる側の肩は常に圧力がかかり、それが長年に渡って続いた結果、肩の動きの制限や痛みが発生します。横向きに寝ると楽に感じる、寝付きやすいのは、下になっている側の内臓を、体が無意識にかばい休めようとしているからです。無理に仰向けに寝ようとしても寝つきにくく、楽ではないので、寝返りをうったとき、横向きに戻ります。

五十肩の改善・解消には、もちろん肩関節の調整が必要な場合は少なくありませんが、上記のように内臓の疲れが元々の原因のケースでは、肝臓や胃などが疲れているかチェックして、疲れと機能低下があれば、それを解消しておかなくては、一時的に五十肩が改善しても、持続的な回復は難しいと言えます。

高血圧や心臓の疲れが原因の五十肩

五十肩の症状は、左右どちらか片側だけの方が多いですが、中には両方とも動きが悪くなっているケースもあります。

右腕も動きが悪いが、左腕の方がより動かないケースは、循環器に問題がある場合があります。肩の動きが悪い人は、ほとんど肩甲骨が背骨から離れ、外側に移動するとともに、上に挙がっています。肩が前側側に巻き込んだカタチです。より状態が悪い側の巻き込みが激しくなっています。その結果、胸をしぼめて猫背の姿勢になっています。

もう一つの体の特徴としては、鎖骨の外側が上がっていることです。両方の鎖骨が上がっていると鎖骨が水平ではなくV字形になります。この状態では、腕を真上に挙げる万歳の姿勢はとりづらくなります。

鎖骨がV字形になっている人は、心臓が疲れていることが多いようです。左側の鎖骨の挙がりが目立つ場合は特にそうで、高血圧の方に多いで歪みかたです。

このケースの場合は、循環器(心臓)の調整をして鎖骨を下げて水平にしてあげると、肩の動きが良くなり、胸も開いて姿勢が良くなります。

五十肩のチェック法

五十肩と聞くと、少なくとも40代後半の人がなるというイメージだと思いますが、30代の女性でも同じ症状の方はいます。年齢に関わらず肩の調子が良くない方はチェックしてみてください。

(1)ブラジャーが着けれるか?

(2)シャンプーができるか?

(3)横向きに寝て痛みがないか?

(4)重いものを持ち上げられるか?

骨格的には、鎖骨が健康な人は肩に向かって上がってるのに、五十肩の症状のある人は下がっていることがあります。

一つでも当てはまる人は調整をお勧めします。自然に治りますが3ヶ月~2年ほどかかりますし、肩が上がらなくなる後遺症の可能性もあります。

当院の整体治療では、肩関節、鎖骨、肩を動かす関連筋肉の調整をした後で、五十肩改善、予防の体操も指導いたします。施術だけで完全に回復しなくても、その後の自己療法で回復していきますので、肩の調子が悪い方はご相談ください。

手術が必要な五十肩もある!

五十肩は自然に治ることもありますが、適切な治療をしないと回復まで長期間かかることが少なくありません。辛く感じ、日常動作に支障が出るようなら、早めに治療したほうがいいと思います。

五十肩の3割程度は、自然には治らないものがあります。腕が挙がらず痛みも治まらない、ほとんど改善もしない場合は、そのままでは、一生肩や腕の痛みと動作に支障が出たまま過ごすことになります。

この多くは、腱板断裂と言い、痛みのないほうの手で支えると、腕が上がることが特徴です。一般的な自然に(ある程度は)改善していく五十肩は、肩関節の炎症で起こると言われていますが、自然治癒しない五十肩は、腱板という肩の腱が切れたことによって、痛みは動作の制限が起こっているので、早めに整形外科を受診し、手術を受けることも必要な場合があります。

整体で五十肩(四十肩)の痛み、可動制限の施術

腕が上がらない、肩が痛むという五十肩の症状の方への施術のポイントをご説明します。

●まず最初に、どんな症状の方でも、骨盤矯正と背骨の矯正を行います。
これだけでも、かなりの症状が改善されること多いです。逆に言えば、骨盤と背骨の歪みを治さず、肩関節だけを調整しても、あまり症状は改善せず、改善しても持続しません。

●肩の高さまで腕が上がる場合は、鎖骨の動きが悪くなっています。
鎖骨と肩の関節(肩鎖関節)と鎖骨と胸骨の関節(胸鎖関節)を調整して動かせる状態にすれば、腕は肩から上に挙がります。

●背中に腕を回せない場合は、肩関節と肩甲骨の調整が必要です。

●腕が肩までも挙げられない場合は、肩関節、肩甲骨、肘関節の調整も行います。

五十肩の予防法

●猫背(背中を丸めて、肩から背中の上部が盛り上がり、頭は前に出て顎が上がり、下腹部を突き出した姿勢)の人は、五十肩になりやすいようです。

●肩(肩甲骨)をあまり動かさず、腕だけで動作をする人は五十肩になりやすいです。腕を挙げたり回したりするときに、肩甲骨を動かすように、体全体を使って動作をすると、予防になります。

●肝臓や心臓など、内臓の調子が良くない人。内臓の調子の悪さは、姿勢や骨格(背骨、骨盤など)に影響し歪みをもたらします。骨格の歪みは、体のバランスを崩し、左右差の大きな姿勢は重心の偏りをもたらし、結果として、腕が上がらなくなったりします。

生活習慣や食生活を整えて改善し、適度に運動し、充分な睡眠をとるようにすれば、五十肩だけでなく、他の不調や病気の予防にもなります。


川越の整体で五十肩を改善しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..