整体で妊娠できる体調に

妊娠できる体にする整体

妊婦

結婚して2年以上経つのに妊娠しない。不妊症ではないかと心配だ。そんなカップルが最近多くなりました。不妊は、生殖機能に異常があれば病院の治療は必要ですが、異常がない場合は、整体などで体調を整えることが妊娠につながります。検査ばかりしてホルモン剤など薬に頼ったり、排卵期だけセックスするより、体調を整えて夫婦仲良くしてた方が、妊娠しやすくなるようです。

不妊でお悩みの方も整体に来られます。不妊の原因は、食品添加物、シャンプーや化粧品、毛染めなど美容関連の商品からの化学物質汚染と、生活環境そのものが化学物質で汚染され、体内環境が悪くなっていることがあると思います。男性の精子も大幅に減ってます。過酷な労働環境でのストレスも原因でしょう。

妊娠した後も、つわりなどで辛いときは、当院の整体で楽になります。腰痛で通院してた出産間近の妊婦さんで、骨盤の歪みなどを整え、腰痛を解消した後で出産された方の多くは安産でした。1人目のときに難産だった方でも、整体を受けた後では、安産だったという方もいました。

出産後、開いた骨盤はちゃんと閉じずに腰痛などの不調のある方も、整体(産後の骨盤矯正)で楽になります。当院の施術方法なら、出産後、そんなに日数が経ってなくても、安全に施術は可能です。手首の痛みなどもたいてい1~2回で解消、改善はします。

妊娠・出産(その前段階としての性交も)は病気ではないから、その過程で調子が良くない場合は、体を整えることが大切だと思います。体調がいい人が、体のバランスが良い(姿勢の歪みが無い)人が、いきなり病気になることはないはずです。

女性の手足と生殖器の関係

女性の足と手

足首が太い女性は、卵巣の機能が悪いことがあります。 不妊症の女性の多くは、足首の関節に狂いがあります(股関節の異常のこともある)。

足首の狂いの原因は、何年も前の捻挫(ねんざ)や、骨盤や股関節の歪みなど様々ですが、共通しているのは、足首自体には違和感などを感じてないことです。捻挫してしばらくは痛みや違和感があったでしょうが、異常が長く続くと、その部分の感覚が鈍くなって、痛みや違和感を感じなくなってしまいます。

違和感や異常を感じないということは、身体が治ろうとする力が働かないということです。身体が異常を異常と認識していないのです。

足首の故障で脚が太くなっている場合は、足関節の調整で細くできます。足首を細くすること自体が、生殖器系(婦人科系)の働きを正常にする効果があり、女性を健康にすることでもあります。

足首は卵巣の機能と関係が深いですが、手首は子宮と関係があります。 子宮の位置異常(後屈など)がある人のほとんどは、手首の関節がおかしくなっています。実際に手首が痛いと訴える人も多いです。 そういうときは、手首の方を調整すると、子宮のいろいろな異常が良い方へと変化してきます。

出産後に手首が痛くなる人がいます。 毎日、赤ちゃんを抱いて授乳するからだと思ってますが、これは出産後に子宮がうまく収縮しなかった人に起こる現象です。 赤ちゃんが、おっぱいを吸う刺激は、ある種のホルモンの分泌を促し、お母さんの骨盤を引き締め、子宮を収縮させる働きがあります。 母乳が不十分などの理由で粉ミルクで育てていたりすると、子宮の収縮がうまくいかず、手首の関節も狂いやすくなります。

足首と卵巣、手首と子宮など、女性の身体のつながりは多岐にわたります。もともと一つの受精卵だったのが、細胞分裂を繰り返して成長し成熟した女性になるのですから、全身が関連しているのは当然なのです。

男性の身体と女性の身体は、同じではありません。 一般に思われている以上に違います。女性のからだの仕組みは、男性より複雑で精巧で神秘的ですらあります。女性には、女性の医学が必要であり、整体にも女性の調整法が必要です。

体調が良くなれば自然に妊娠も

数年前のことになりますが、結婚10年以上子供ができなかった、30代後半の女性が、当院に通院するようになってから、お2人が妊娠・出産されました。20代後半で結婚3~5年で妊娠しなかった方も3人妊娠。僕が知ることができた方以外にも、整体で体調改善後、妊娠された方はいるかも知れません。

この1年以内にも2人のお客様が妊娠されました!30代、40代前半の方です。お二人とも不妊検査では、異常はない方です。40代の方は以前、子宮筋腫があり、切除手術はしました。30代の方の夫は、精子の数が少なめで元気が足りないそうです。施術で不調と骨盤の歪みが解消し、体調が良くなったのが功を奏したのでしょう。

当院に通院して、体調が良くなって妊娠された方や、臨月間近で腰痛などで来院され、症状が解消して体が整った妊婦さんも、安産だったとご報告されることが多いです。やはり、常日頃から体の歪みを正し、体調を良くしておくことは、妊娠出産のためだけではありませんが、幸せな生活をするために大切なのです。

妊娠に必要なこと

妊婦のイラスト

なかなか妊娠しない女性は、まず最初に、排卵があるか確かめましょう。基礎体温を測れば、自分でもある程度は確かめることができます。

排卵後に卵巣から黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。(プロゲステロンは、排卵後にしか分泌されない)プロゲステロンは脳の視床下部に働きかけて体温を上昇させます。といっても、1℃以下の変化です。0.05℃まで計ることのできる婦人体温計が必要になります。

基礎体温の測り方

基礎体温は、安静にした状態で測る必要があります。朝、目覚めたときに計るのがよいと思います。まだ内臓が休んでいる状態で測るためです。毎日同じ時間に測りましょう。

基礎体温は、口の中で測ります。婦人体温計を舌の下にはさみこんで、安静にした状態で測定します。
基礎体温測定でわかること

継続的に基礎体温を測って記録しておくと、排卵してるかどうか、排卵の時期はいつかがわかります。それ以外にも、次の生理時期の予測、妊娠したかどうか、流産の兆候、体調や気分の良い時期と悪い時期、更年期のはじまり時期などを知ることができます。

 

妊娠に必要な身体機能

医学的に生殖器の構造や機能に異常がある場合は、婦人科や泌尿器科での治療が必要です。体の構造自体に異常が発生した場合や先天的な異常を整体で治すことは難しいです。

生殖器、特に女性器(卵巣、子宮)の構造や機能に異常がない場合でも、なかなか妊娠しないケースがあります。妊娠しても何度も流産を繰り返したりするケースもあります。また、夫(相手の男性)の生殖機能に異常があったり、精子の数が受精させるには極端に少ない、全く無い場合には、人工授精や体外受精でないと、妊娠は実質的には不可能です。男性側の問題で、体外受精を行っても、子宮内に着床しないケースもあります。

このような場合は、母体となる女性の体の状態が、妊娠しそれを維持するだけの体力が無く、母体の安全を考えて、体が妊娠を拒絶していることが考えられます。

生殖器の機能には異常というほどではないけれど、良好に働いてないため、妊娠しづらいケースもあるようです。

整体の施術が不妊症に効果を発揮するのは、上記のような、女性の体調と体力に問題がある場合や、男女ともに生殖器の働きがいまいちのケースです。

妊娠のために治しておきたい不調

生理不順や不妊、月経前症候群などの婦人科系トラブルは、悩んだことがないという女性の方が少ないようです。増加する女性の不調の陰には栄養不足があります。女性ホルモンが乱れる生活をしていると、不妊につながる恐れがあり、妊娠しやすい身体を作るには、体調不良を改善することが必要です。

心身ともにストレスが高く抑圧された状態の時はなかなか妊娠しません。心がリラックスした状態で、体調も良いことが、妊娠するためには大切です。整体などで、体調を整えることも効果的です。

腰痛

妊婦の解剖図

妊娠は、新たな命の誕生で素晴らしいことですが、女性の体に負担を強います。筋肉、骨格、内蔵にも負担が大きくなります。

慢性的な腰痛持ちの人は、妊娠中にギックリ腰になる確率が、そうでない人より高いようです。もちろん普段の生活でも、腰痛は辛いものですが、胎児が大きくなるにつれて、腰への負担も増大します。

右のイラストのように、胎児のいる子宮は、骨盤と腰椎の全面にあります。骨盤と腰椎への負担が、大きくなっているのがわかると思います。

腰痛は、妊娠するためにもマイナス要因になりえます。快適に妊娠中の生活を送るために、無事に苦しまずに出産するためにも、腰痛は治しておきたいものです。

冷え性
下半身の冷えも妊娠にはマイナスに働きます。冷えているということは、血流が悪くなっているということです。血液は、細胞が活動した結果として発生する二酸化炭素を、肺を通じて取り込んだ酸素を交換する役割と、老廃物などを細胞から排出する作用も担っています。

血流が悪くなるということは、この生命維持活動に必要不可欠な代謝の効率が悪くなるということです。下半身の冷えは、妊娠には必要不可欠な子宮と卵巣の働きを悪くします。子宮を通じて、胎児は新鮮な血液を供給されています。胎児は、血液によって、ガス交換(二酸化炭素と酸素の交換)と栄養補給、老廃物などの排泄を行っています。母体の下半身が冷えていると、胎児への栄養補給やガス交換の効率も下がります。

妊娠するために、妊娠した後に順調に胎児が発育するためにも、冷え性の解消は必要なことと言えます。

冷え性との関連が深いですが、全身の体温が低い低体温も問題です。体温が低いと、卵巣の機能が弱まり卵子の質も低下します。卵子は細胞内にミトコンドリアを沢山含んでいます。ミトコンドリアの機能を高めるためには、温めたほうがいいのです。そうすると卵子の発育も良くなります。平熱が36℃以下の人は要注意です。お腹やふくらはぎをしっかり温め、体を冷やさないようにしましょう。

体力不足

妊娠を維持し無事出産するためには、体力が必要です。日ごろから適度に運動し(ウォーキング程度でもOK!)、体を動かす時間を作りましょう。

精神の安定

精神的に安定していることも、妊娠・出産・育児には大切です。イライラや不安を抑え込まず、解消する方法を見つけましょう!

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

 

整体師の奥さんの出産

知合いの整体師の奥さんが妊娠したとき彼は40歳位でした。だから、そんなに歳が違わない奥様も決して若いという年齢ではなかったのですが、産気づいて分娩台に上がってからわずか30分ですんなりと産まれたそうです。病院の人も「こんな安産ははじめて!」と驚いていたそうです。

しかも、奥さんは、子宮筋腫があり、腰痛、肩こり、足のむくみなど、常に何箇所もの不調を抱えていて、痛みで夜中に起こされたこともあったくらい、体調が良くなかったのです。

それが、整体師である旦那さんの施術で、じょじょに体が整い体調が良くなっていったそうです。妊娠中も臨月近くなっても、うつ伏せ以外の体位での施術を続けていたそうです。

その甲斐あっての超安全だったのです。妊婦さんに限りませんが、常日頃から体の歪みを正し、体調を良くしておくことは大切だです。多少手間暇とお金がかかっても、それによって得られる利益はもっと大きいと実感した出来事でした。

川越の整体で妊娠できる体調にしませんか?…ご予約はこちら!

妊娠しやすい身体づくりのポイント

妊娠力を高める方法

1.ストレスを解消する。

ストレスはホルモンバランスを乱し細胞の老化を早めるなど、妊娠を望む女性にとっても悪影響を及ぼします。妊娠するためにも上手にストレスを解消することが大切です。

お部屋にアロマを焚くのもひとつの方法です。アロマオイルには、ローズやゼラニウムなどの女性ホルモンを整える働きがある物もあります。癒されると感じる香りを選ぶのがよいでしょう。

2.適度に運動する

運動不足で筋肉量が落ちると、血流も悪くなり卵巣の機能が落ちます。血流をよくするヨガやウォーキングなどがおすすめです。血流をよくし、ミトコンドリアを温めるためにも、毎日入浴するようにしましょう。

3.免疫力をアップする。

免疫力は妊娠する力にも関わっています。免疫力を上げるにも、ストレス解消が重要なポイントです。ウォーキングなど適度な運動を行い、睡眠を充分にとりましょう。緑黄色野菜などを含めカラフルな食材を摂るのも大切です。

4.冷えを解消する。

冷えは卵巣や子宮に悪影響を及ぼします。体、特に下腹部が冷えていると、女性生殖器の機能が低下し、質のよい卵子ができにくくなり、着床しづらくなるのです。冷えは免疫力も下げるので、体を温め血流をよくすることが大切です。

5.食事のバランスに気をつける。

肉類が極端に多い食事や、甘いものの摂りすぎは卵子の状態を悪くする原因になります。冷たい食物や飲料も体を冷やすので撮り過ぎないようにしましょう。体を冷やす作用のある夏野菜(トマト、きゅうり、レタス等)は少なめに。かぼちゃやネギ、ピーマン、にんじん、れんこん、にんにくなどの体を温める野菜を多めに摂りましょう。

妊娠するために必要な栄養素

鉄分

鉄分不足が不妊の原因に

胎児の栄養は母体から

多くの女性が足りていないといわれるのが鉄分です。鉄不足は頭痛、めまい、手足の冷え、疲労感、うつ、集中力の低下などの不定愁訴、抜け毛や朝起きるのがつらいといった症状も、鉄不足の可能性があります。

鉄は人間に必須の微量ミネラルであり、血液中のヘモグロビンの主な原料であり、筋繊維のミオグロビンにも必要であり、コラーゲンの合成にも不可欠な、非常に重要な元素です。

鉄は、生体にとって吸収が難しい栄養素です。様々な食材に鉄は含まれていますが、一日10~15mg鉄を摂取 したとして、生体に取り込むことができるのはわずか1mg程度といわれています。汗や尿や排便でも鉄は失われます。その量は1日につき1mg程です。

植物性の鉄分は動物性の鉄分と比較して吸収率が低く、たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まります。

鉄の1日の推奨量は成人男子で7.0mg、成人女子では月経なしで6.0mg、月経ありで10.5mgです。吸収が難しい鉄ですが、日本人女性の一日平均摂取量は7~8mgといわれており、鉄の摂取不足が懸念されます。女性は月経で鉄を失うので、さらに鉄の喪失量が多 くなります。

鉄は通常、赤血球中のヘモグロビンとして存在していますが、他にも組織鉄(ミオグロビンやコラーゲンなど)、血清鉄、そして貯蔵鉄としても存在しています。貯蔵鉄は、小腸で鉄が吸収される際、フェリチンという形で小腸に貯蔵され、鉄が必要になった時、血液に乗せて必要な場所へ送られます。

女性は妊娠すると、胎児の成長のために特別な栄養を必要とします。 妊娠前の女性なら、フェリチンの値は100ng/ml以上は必要です。妊娠するためには、妊娠前の栄養状態が良くなければならないのです。鉄は吸収しにくく、十分な量の鉄を貯蔵をするのは難しいのです。 妊娠後に鉄不足を補うことも難しいのです。

裸の妊婦

母体は胎児に優先的に鉄を供給します。母体の鉄が足りない場合は、母体の赤血球を犠牲にしてまで胎児に鉄を供給するのです。母体の鉄をどんどん胎児に与えるから、母体は貧血になりやすく、その結果つわりが酷くなる場合もあります。

母体の血液量+胎盤に回す血液量が必要なので、母体の血液量は増 え、さらに心臓にも負担がかかります。血液中のヘモグロビンが不足するだけでなく、組織鉄も不足するため皮膚がカサカサになったり、うつなどの神経症状が現れることもあります。

血管のコラーゲン合成が上手くいかなくなるため、下肢に静脈瘤ができたら、鉄欠乏が相当に深刻だといことです。さらに鉄が足りなくなり、これ以上母体が鉄を胎児に回せなくなると、胎児は母体から鉄をもらうことをあきらめ、自力で摂取しようとして子宮の外に出ようとします。つまり、切迫早産になります。

女性が慢性的な鉄不足になると妊娠しづらくなるようです。 女性の不妊は、受精能力がないわけではなく、母体に栄養が十分に足りていないから、“妊娠してはいけない”と体が判断すると考えていいと思います。

たんぱく質

皮膚や髪の毛、骨や血管、そして女性ホルモンの材料となるのがたんぱく質です。身体と同じように、心や感情の安定にも欠かせない栄養素。運動や薬の服用、ストレスを受けた時に、いつもより多くのたんぱく質を消費します。意識的な補給が必要です。

コレステロール

悪者扱いされるコレステロールですが、実は女性ホルモンの材料になります。産後の女性に多い”産後うつ”は、出産後コレステロール値が急激に下がることが原因と考えられています。ただし酸化したコレステロールは、身体に悪影響を及ぼします。
イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンの不足を補うように働き、多い時は抑制するように働きます。あまり大豆製品を摂らないアメリカと比べると、日本は乳がんや心臓疾患による死亡率は4分の1程度です。味噌汁や納豆、豆腐は、特に女性には有用な食品です。エストロゲンの減少でおきる更年期の症状を緩和する働きも期待できます。

ビタミンB群

これらの栄養素の代謝に関わるのが、ビタミンB群です。ビタミンB群はストレスや勉強、アルコール、薬を飲むことで消費されるので、多くの現代人には不足しています。低用量ピルは、ビタミンB群の吸収を妨げるという報告があるので、服用している方は意識して摂るようにしましょう。

 

自然な妊娠・出産のために大切なこと

日頃からセックスをしていないと妊娠の確率が低くなり、健康的な妊娠が難しくなるようです。女性は一定期間繰り返しパートナーの精子にさらされていると、健康的な妊娠を可能にする免疫システムが構築されるという研究結果があります。

健康的な妊娠には、日常的にセックスをすることが大切ということのようです。

卵子も老化する

女性の卵子は年齢とともに老化し、35歳の女性が妊娠し出産する確率は20歳代の半分くらいになります。日本は不妊治療専門のクリニックが世界一多く、体外受精の実施数も世界一です。

しかし、成功率は横ばいのまま。整体師の立場では、体調が良くならないと妊娠しずらいことは確かだといえます。

不妊の原因の半分は男性側にあります。しかし、男性側の治療が置き去りにされているケースが少なくないようです。当然のことですが、妊娠は男女双方の協力が必要不可欠です。

体調が良くなり妊娠した方の臨床例

整体で妊娠した女性
※29歳で待望の赤ちゃんが授かったお客様。

40歳の結婚10年の不妊の女性

子宮と卵巣にちょっとした病気があるとのことでした。

仙骨の対応部分を触診すると痛みがあり、経絡の対応点でも反応がありました。施術で反応の痛みはおおよそ消えたのでちょっと期待していましたが、施術開始してから3ヶ月経った頃、妊娠したとの報告がありました!

他にも、当院の施術を受けた後で妊娠した人は何人かいます。20代後半から30代後半の女性がメインです。特に不妊治療で通院されたわけではありませんが、腰痛や肩コリなどの施術で体調が良くなったら、妊娠したというパターンが多いです。

体、特に骨盤の歪みが整い、体調が良くなり、体、特に下半身の血流が良くなり体が温まってくると、妊娠しやすくなるようです。

30代前半の方の妊娠例

通院9ヶ月目の30代前半の女性が妊娠されました。結婚2年目後半になっても妊娠しないので、体調を良くして妊娠しやすい体にしたいと毎月1回通院されてた方です。

夫婦で不妊検査を受けましたが、異常無しと検査結果が出た翌月に妊娠がわかり、とても喜ばれました。自然の成り行きで妊娠したのだと思いますが、整体で体調を整えたことと、性生活へのアドバイスも役に立ったようです。

股関節、臀部の痛みと生理痛で通院されてた40歳の女性

股関節痛と臀部の痛み、首肩の凝り、生理痛、そして不妊でお悩みの方の施術をさせていただきました。

2回ほどの施術で、股関節、臀部の症状はかなり解消しました。仕事で1日中、パソコンを使っています。首肩の凝りは仕事でPC観続けるから戻りは大きいようです。

肝臓、胃など内蔵が硬いので、疲れていると思いました。カラダが疲れやすいというのも、そこから来ていると思われます。

生理痛はかなり軽減し、痛み止めは不要になったとのことでした。

この調子で体調レベルを上げれば、妊娠できる体に成ると思うと伝えるとうれしそうでした。

その後もいい体調を保ちたいということで、3~4週に1回のペースで通院されて5ヶ月目に妊娠されました。結婚して10年経っていたので、あきらめていたそうなので、とても喜んでいらっしゃいました。

結婚10年目の妊娠!

腰痛で通院されてて良くなってからは、月いち程度ですが、母子で10ヶ月ほども前から通ってきてもらっている方がいました。たいていお二人で来院されますが、娘さんの方が若いだけあって、先にに体調がよくなりました。

それで、一時期、お母様だけ来られることが続いたのですが、娘さんの旦那さんが、体調維持のために施術を続けた方がいいというので、娘さんも再び来院されるようになっていました。

ところがある日、お母様だけ一人で予約されました。
「お母さんだけですか?」
と聞くと、
「実は、娘が妊娠しまして」
と言うではありませんか!

娘さんといっても、もう30代後半です。20代に結婚しているようだから、 結婚生活は10年以上になるそうです。妊娠したことはあったようですが、流産したという話です。それからは何年も妊娠してないそうです。だから、年齢的にもあきらめていたそうです。

母体の体温が低かったり、体力が無かったり、体調が良くないと、母体は妊娠しないようにすると聞いたことがあります。だから、妊娠できたということは、 体調は良くなっているということなのです。人様の体調を良くする仕事をしている私にとっては、何よりうれしい知らせでした。

体調不良で通院した女性が回復後に妊娠!

以前通院されていた患者さんが妊娠したとの知らせが届きました。30代後半の方ですが、顎の調子が悪く、他にも歪みや肩こりなどで通院されていた方です。

10年位前に結婚されたようですが、子供はまだいないと言ってました。一回流産したことがあると言ってましたが(うまく着床しなかったようです)、ちゃんと妊娠したことはないようでした。

当院の患者さんの中に、施術で体調がよくなって妊娠した同年輩の女性がいると伝えると、私もがんばると言ってましたが、それから一月しか経ってないにの妊娠したのです!

自分の体調が良くなったので、姉にも当院のことを知らせたいと言ってましたが、一月過ぎても連絡がないので、忘れていました。そんなときに彼女に紹介されたとういう女性からご予約の電話が来ました。話を聞くと、彼女の姉だということがわかりました。どことなく彼女と似ているその姉に妹さんのことを尋ねると、
最近妊娠したとのことでした。

やはり体調が整い、身体的ストレスが解消されたのがよかったのだと思っていますが、足湯も勧めてから習慣になったようなので、体が温まったのもよかったのだと思っています。

不妊症と不妊症治療

日本は6組に1組が不妊カップルといわれます。不妊治療を行う病院数は600で世界一多いです。高度生殖医療(体外受精、顕微受精など)の治療件数も21.3万件と世界トップの座を占めるています(東洋経済オンライン、2013年4月24日付報道)。

不妊治療は、健康保険が適用されないため、多額の費用がかかり、時間もかかります。治療は妊娠するまで1カ月サイクルで繰り返されます。個人差はありますが、そのストレスが逆に不妊を引き起こすといわれるほど精神的・肉体的負担は大きいようです。

卵子のもととなる原始卵胞の数は、本人が生まれる頃が最多で約200万個、その後は毎月排卵されて減り続けます。思春期・生殖年齢に入った頃は、約20万~30万個まで減少してしまいます。35歳を超えると、卵子の老化で妊娠の確率は急激に低くなります。ですから、不妊治療を始めるのは、早いほうが成功の確率が高いのです。

Posted by 小林昌弘