環境問題

No Image

成人の場合、体の約6割から7割が水分だそうです。子供の場合はもっと水分が多く、新生児だと約8割にもなるそう
です。だから、人の体は水でできていると言っても過言ではありません。体を構成している主成分の「水」は、体の質を左右していると ...

病気と体調不良について

No Image

病気や不調は、私たちと世の中や環境との関係の悪化や不調和に対処しようとする、生体反応と考えることができます。ある種の防御反応として不調が現れることもあります。

特に軽い病気や体調不良の場合、生体システム全体が危機的状況に陥る前 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

夏場になると、食中毒が増えます。気温が上がると細菌が繁殖しやすくなるからです。冬場にも増えますが、生牡蠣などが冬場が旬のためだと思われます。

僕も何度か食中毒にかかったことがあります。一番最近のは、ノロウイルスの感染でした。泊 ...

不定愁訴(自律神経失調症)

No Image

●自律神経失調症

叔母が耳鳴りで病院を受診したときのことです。検査の結果は異常無し。耳の機能的障害が原因ではなかったようです。

医者も何か治療をしなくてはと思ったのかどうか、数日入院して点滴を打ってもらったそうです ...

頭に関連する症状

No Image

頭痛で悩んでいる人は多いと思います。特に女性は。僕も以前は頭痛持ちでした。風邪気味だったり、疲れていたり、酒を少し飲みすぎた程度でも頭の中からズキンズキンするような痛みを感じることが多かったのです。

記憶をたどれば、パソコンを ...

セルフケア(自己療法)

No Image

幸せな状態というと、普通は精神的に満たされているとか、社会的にいい状況にいるとかいうことが多いと思いますが、ただ単に、体調がいいというだけでも幸せなのではないでしょうか?

どんなに物を所有していようと、沢山の人に好かれていよう ...

育児・教育について

No Image

現代の環境は、子供の免疫力(抵抗力)を弱める環境です。

まだ猛暑の夏の手前、梅雨明け前ですが、ビルや電車内、クルマの中では、エアコンがかなり効いています。年中20度〜26,7度を保っている環境は、快適のようですが、僕は気管支が ...

冷え性について

No Image

地球温暖化(作家の倉本聰さんは「地球高温化」が正しい表現だと言ってます。温暖化ではおだやに温かくなることなので、全く現状と違うし危機感が感じられないと)が叫ばれるようになって久しいというのに、いまだに寒いほどの冷房をかけて平気な人が多いの ...

食生活について

No Image

2年ほど前までの数年間は、自宅では玄米を食べてました。 それ以前も胚芽米をずーっと食べてました。 今はメインは胚芽米で、たまに白米を炊いてます。

胚芽米や玄米を食べるきっかけになったのは、若い頃、海外の旅先で知り合った、自然食 ...

歯・口腔

No Image

20代〜30代の頃までは、歯を磨くと血が出ることがありました。今思えば、歯茎が常に腫れた状態だったと思います。歯医者ではっきりと歯槽膿漏だと言われた記憶はないのですが、その一歩手前くらいの状態だったことはあるようです。

新聞の ...