パニック障害・うつ症状の原因と解消法

パニック障害・うつ症状を整体で楽に!

パニック障害で悩む女性

整体院に通院されてて首肩の痛みや背中の張りなどの身体症状で辛い思いをしている方の中には、パニック障害やウツ症状など精神面でも健康を害している方がいらっしゃいます。

精神的な不調でも、整体で体が整ってくると、体の症状が楽になり精神的にも安定してきます。そうすると気分も明るく前向きになってきます。

パニック障害やうつ症状の方は、体の不調も抱えています。当院での施術は、まずは、身体症状の緩和、解消を目的に行います。身体症状が緩和してくると、精神面も安定してくることが多いからです。

具体的には、骨盤、背骨、頭蓋骨の歪みを解消し、消化器官、呼吸器、循環器など内臓機能の調整と機能促進の施術を行います。

また、必要に応じて、考え方や気持ちの問題へのアドバイスも行っています。

整体師をしてると、近頃は体の症状だけでなく、精神面の不調を抱えている人が少なくないと感じます。あなたの知合いや同僚の中にも、パニック障害、うつ病、適応障害、睡眠障害(不眠)で悩んでいる方がいると思います。

整体だけでなく自宅で自分でできる自己療法も、教えていますので、病院でなかなか改善しない、薬への依存が心配だという方は、ご来院お待ちしてます。

整体で心身のバランスを整えてパニック障害やうつ症状を改善しませんか?

パニック障害での不調(不定愁訴)の施術例

パニック障害と診断された方の体調不良が改善
30代後半の男性

1年前に心療内科でパニック障害と診断されました。薬(精神安定剤)を処方され1年ほど服用しています。密室にいると不安になり怖かったのが、薬を飲むようになって抑えられています。

仕事は営業職です。睡眠時間は5時間取れればいいほうです。睡眠不足ですが、ベッドに入っても良く眠れません。血圧はやや高めです。趣味で野球をしています。23歳の時、スキーに行って人とぶつかって飛ばされたことがあります。その直後は何ともなかったのですが、2ヶ月後に手がしびれてきました。その後(23歳の時から)薬を服用しています。体がグッタリして救急車で運ばれたことがあります。

症状は、まず目が疲れます。体全体が重いです。肩が凝っています。背中の張りも感じます。これらの症状は連動している感じです。手(手首から先)と足(足首から先)がしびれています。手は腫れぼったい感じです(特に朝方)。足はむくんでいる感じです。常にしびれているわけではありませんが、しびれが出ると数時間は続きます。そのときは立ちくらみもすることがあります。脳神経外科も受診しましたが、医師には自律神経のバランスが崩れていると言われました。

手足のしびれが出はじめたのが、スキーで衝突してからかので、衝突の衝撃で脊椎が歪み神経を圧迫している可能性はあると診立てました。

まずは体の歪みを解消すること、首肩背中が凝っているので、それを緩和することを念頭において施術を重ねていきました。全体的に体の歪みと特に上半身の上の部分(首肩背中の上部)の緊張が和らいでくると、良く眠れるようになってきました。ふらつくことも少なくなりました。

さらに頚椎の調整や自律神経のバランスが取れるように施術を進めていくに従って、手足のしびれが解消していきました。回復には波がありました。肩こりや目の疲れ、体が重く感じたり腰痛が出たこともありました。不安感があるときは薬で抑えたりしていましたが、体調が良くなってきたので、薬の量は減らしていきました。

全ての症状が解消したわけではありませんが、22歳の時から続いていた手足のしびれは解消し、他の症状も風邪や疲れ、睡眠不足のときには感じますが、全体的にはかなり楽になってきました。

3~4週間ごとに整体で体を調整することで、さらなる改善と良くなった体調を維持できると思います。

※施術効果には個人差があります。

首・肩コリ、頭痛、体の歪みが解消
30代前半の女性

首・肩コリ(酷いときは、右腕が動かせなくなることも)、頭痛(毎日あり、重い感じ)、朝起きたとき背中が痛む、姿勢が悪く(猫背)、骨盤が広がっている感じがします。仕事(介護職)中に首肩のコリが酷く感じられるとき、こめかみが締め付けられるような感じになることがあります。目の疲れを感じることもあります。

車を運転中に、わきの下から汗が噴出し全身が硬直する発作を起してパニック障害と診断されました。自律神経が乱れ(自律神経失調症)ていると言われました。気温が低くないときでも、寒さを感じることがあります。1年間精神安定剤と抗うつ剤を服用し、ある程度状態は安定してきました。現在は病院には通院してませんが、首と肩のコリで、整骨院でマッサージを定期的に受けています。

姿勢は前かがみ(猫背)で、右肩が下がっています。頭部は右側に少し捻れ(回旋)ています。肩甲骨は外側に開き、胸に緊張があり、肩が閉じています。

施術では、全身の歪みの調整と筋肉の緊張の緩和をメインに行いました。施術を積み重ねていくに従って、体の歪みが解消し、姿勢がきれいになっていきました。それに連れて、首肩のコリは緩和していき、毎日あった頭痛も回数が減っていきました。朝起きたときも背中が痛まなくなりました。

※施術効果には個人差があります。

パニック障害・うつ症状の原因

パニック障害、うつの原因イラスト

パニック障害やうつ症状などメンタル面の不調が増えてる背景には、日本の社会と人間関係が、人と違ったことをしないようにする同調圧があると思います。人と違うことをすると白い目で見られる、いじめられることもあります。いわゆる「空気を読む」ことが求められているわけです。

だから人の評価を過度に気にして他者の価値観と感情を基準に生きている人が少なくないのです。繊細な人や性格が穏かで優しい人ほど、心身のバランスを崩しやすい社会と言えるのかも知れません。

患者さん個人の問題や要因もあります。神経症(パニック障害など)や自律神経失調症の人は、自己否定的な感情やストレスをためやすい性格の人、過去に精神的に辛い体験をした人に多いようです。

自己否定的観念・感情や精神的ストレス(トラウマ)は、潜在意識のレベルで影響します。自律神経失調症や神経症は、体だけの問題ではなく、心の問題が体の症状として現れている心因性の疾病なのです。

体調不良は心の不調につながる

体調の良さと、やる気は関係あります。体調不良だと、やる気は落ちます。体がガタガタなのに、精神力で乗り切るのは無理があります。ちゃんと体を整えること、身体のケアは、精神力を高めるためにも必要不可欠だと思います。

ある程度は、心身のストレスは生きるために必要ですが、継続的にストレスがかかり、精神的に抑圧状態が続くと、不安神経症や身体的な障害が生じることが多いようです。

抑圧された精神的エネルギーは、心を含む身体内に滞り、歪み、それが直接身体に影響を与えます。

その観点で言えば、がんや生活習慣病、難病の主な原因は、心身を蝕むほどの感情、消沈や絶望といえると思います。

心と体を分けて観ることは、あまり意味がありません。心と体は一体なのですから。

古代ギリシアの哲学者であるソクラテスも言ってます。

心と切り離された体だけの病気は存在しない。

パニック障害・うつ症状の解消法

精神の不調へのカウンセリング イラスト

パニック障害やうつ病と診断されたら、ほとんどの場合、薬を処方されます。それで症状が緩和することもありますが、多少改善しても回復には至らないケースは多いようです。

最近当院でも、心療内科などでパニック障害と診断された方が整体での治療を受けられるケースが増えてきました。

神経症(パニック障害など)や自律神経失調症は、潜在意識と関係が深いので、その治療には、潜在意識に働きかけ原因を解消する必要があります。

うちの整体院にも上記の疾病の方が通院されますが、体の調整だけでは、改善はしますが回復にまでは至らないケースが少なくないのは、潜在意識に問題があるからだと考えています。

整体とメンタル・セラピー(精神面への施術、考え方や価値観、世界観を変えること)で、心身の状態が良くなれば、自然と薬を止めることができると思います。

パニック障害の症状

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、過呼吸、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいなど身体の症状と共に、このままでは死んでしまうかも!といった強い不安感に襲われる症状のことです。これは、パニック発作と呼ばれています。

パニック発作で、病院に行って血液検査や心電図検査をしても、身体的には異常が無く、気のせいと言われたり、心療内科の受診を勧められることが多いようです。

パニック発作自体は、20~30分くらいで治まることが多いようですが、発作を何回も繰り返していると、また発作を起こしたらどうしよう!という不安感や恐怖が生じてきます。これは、予期不安と呼ばれています。

予期不安は、電車のような閉鎖空間でパニック発作が起こったときの恐怖感や、発作を見ず知らずの大勢の他人に見られることへの羞恥心から、過去に発作を起こした場所(電車など)へ行けない(乗れない)といった、行動面へも影響が出てきます。

パニック障害の診断

ご自分が、パニック障害ではないかと心配の方は、まずは、心療内科や精神科の受診をお勧めします。パニック障害の診断は、問診が中心になります。アメリカで考え出された基準が採用されることが多いようです。この基準は13のチェック項目があり、4つ以上当てはまるとパニック障害の可能性があると診断されます。

【パニック障害の診断項目】

●心臓がドキドキしたり、脈拍が増える。
●手の平や、全身に汗をかく。
●体や、手足がふるえる。
●息切れ感や、息苦しさを感じる。
●窒息感、または喉(のど)が詰まった感じがする。
●胸の痛みや圧迫感、不快感がある。
●吐気や腹部の不快感がある。
●めまい、ふらつき、または気が遠くなるような感じがする。
●現実感が失われ、自分が自分ではない感覚が起こる。
●自分をコントロールできなくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる。
●このままでは死んでしまうという恐怖を感じる。
●体の一部にしびれ感や、うずきを感じる。
●冷たい感じや、ほてった感覚がある。

うつ病を治すために必要なこと

うつ病の原因 イラスト

うつ病を治すためにまず最初にやらねばならないことは、発症のキッカケ(原因)を特定することです。「どうしてその病気になったか」を知ることなしに、抗うつ剤を飲んでも、根本的には回復しないことが多いと思います。うつ病の原因は?と聞かれると、医師は、「脳内のセロトニンやノルアドレナリンの量が減少したから」と答えるかも知れませんが、それはストレスの結果、脳の機能が不具合を起こし、その状態を生理学的に調べたら、セロトニンなどの分泌量が減っていた、ということに過ぎません。

精神科医は、患者に乞われるまま向精神薬を処方し続けるのが普通です。処方すればするほど、患者は回復から遠ざかり、製薬会社は儲かる仕組みができていると考えるのは、決して穿ち過ぎた見方ではありません。

学校に行けないのはなぜか?仕事に行けないのはなぜか?。思い出し考えてみて、その原因に心当たりがあったなら、薬を飲み続けるだけでなく、無理に登校したり、出社したりするのではなく、休学したり休業したり、可能なら退学、退社、転職なども考えてみるほうが、根本的な回復につながると思います。

薬での治療の問題点

心の症状を抱えている方々は、心療内科や精神科などで、抗不安薬や精神安定剤、睡眠導入剤を処方され長期間服用されてることが多いです。患者さんの中には、薬である程度は症状が抑えられていても、完全には状態が良くならず、何年も人によっては10年、20年も心療内科などに通院し、薬を飲み続けています。

何種類もの薬を長期間飲んでいれば、肝臓に負担がかかっているのはもちろんですが、薬の副作用ももらっているはずです。

整体師として患者さんを診てると、体の症状だけでなく精神的な症状の中にも、薬の副作用で出ているものがあると感じます。

そのような場合は、いくら体の調子を整え、骨格の歪みを矯正し、内蔵機能の促進を図っても、完全には心身の症状は解消されないことが多いです。症状が解消した場合でも、数日経つと再発する(症状が戻ったと言われます)ケースが多いです。

その原因の一つは、薬で回復力が落ちていることがあると思います。精神面での治療が必要なケースもあるでしょう。医療機関の治療では、ほとんどは少し状態を聞いて薬を出すだけです。カウンセリングを受けられる病院もありますが、実費になるのでかなり費用がかかります。

薬依存をやめるために

薬依存のイラスト

パニック障害やうつ症状などメンタル面の不調の方だけでなく、最近は、精神科や心療内科だけでなく、整形外科や内科などに、めまいや肩こりなどの体の症状で来院された人にまで、睡眠薬や精神安定剤や向精神薬を処方されるケースが目立つようになりました。

何人かのクライアントさんが語ってくれましたが、向精神薬は止めると禁断症状が出るということです。

整体の施術でも精神的に安定してくると言われることは珍しくないので、依存性の高い薬は使わないに越したことはないと思います。長期間に渡って薬を服用するのは、副作用の問題とともに、肝臓を傷めるリスクが高まります。

薬は症状を緩和したり抑える働きはあっても、根本的に健康にする作用は無いことを知って欲しいと思います。

当院の患者さんの中には、ウツ状態、ウツ病の人、不安神経症、対人緊張の人などがいらっしゃいますが、そのほとんどは、安定剤、睡眠薬など向精神薬を服用されています。

直接の来院動機は、精神的、心理的症状の解消ではなく、それが原因と考えられる身体的症状の緩和、解消です。

直接、間接的に心理的な問題を抱えている方々からお話をうかがって感じることは、多くの医師が薬を出しすぎるということです。精神安定剤、抗ウツ剤、睡眠導入剤などは、心療内科などを受診すると、すぐに処方されます。

それで良くなっている人もいるでしょうが、薬依存がはじまり、最初の量では効かなくなり、量がドンドン増えていく方は珍しくないようです。その中には、薬の大量摂取で死亡したというケースもあります。

根本的な回復には、薬を絶つ必要があると考えているので、できるなら量は減らしていった方がいいと思うと伝えることもあります。しかし、服用の間隔を2~3日程度開けるだけでも不安感が増してきたり、イライラしてきたりと苦しみや不快感が出てくるので、すぐに元に戻ってしまう人が多いです。

自助グループで(処方箋)薬依存のままでは回復しないと、実体験のある人から言われて、きっぱりと向精神薬を止めたという人の話を聞いたことがあります。その方は、対人緊張がすごくて、人格的な障害があったのですが、今では回復されているようです。

止めた当初はすごく苦しかったそうです。精神安定剤は依存性があるので、離脱症状が出ます。焦燥感でいてもたってもいられないような状態が2ヶ月ほど続いたそうです。それを乗り切るのが辛くて、また飲み始める人が多いのですが、それを乗り切れば楽になり回復するとのことでした。

多くの医師は、上記に書いたような副作用は教えないようです。薬を処方すれば医療保険の点数が増えるので、いきおい処方する薬の種類も量も増える方向に、圧力が働いているからです。

うつ病や統合失調症などでは、薬が効果を発揮し回復することもありますが、心理的不安定感、神経症、対人緊張や対人恐怖感などの人格障害系の人にとっては、医師が安易に処方する薬によって、逆に症状が固定され酷くなり、薬に依存しないと生活できない状態にさせられていることも、確かにあるようです。

抗うつ薬の副作用に自殺があります!

うつ病の治療薬で、原因不明の体調不良にも処方されることがあるのが抗うつ剤です。うつ病を治すと期待される抗うつ剤に、自殺を誘発することがあることをご存知でしたか?

SSRIというグループに属する抗うつ薬のパキシルに対しては、アメリカのFDA(食品医薬品局)から、若年層で自殺のリスクが上がる可能性があると警告されています。

日本の病院では、抗精神病薬という精神の病気の症状を抑える薬が、1人の患者さんに何種類も処方されたり、さらにその副作用を止める薬を何種類も出す傾向があります。

数年前(2010年頃)ですが、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は、日本医師会や精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出しました。 年間の自殺者が3万人を超える中「自殺の恐れがないか判断し、投与の日数や量に注意する必要がある」としているのです。

抗うつ剤は、効果がある人には、服用後、一時的に症状が緩和された気分にしてくれますが、それはうつ症状(状態)が緩和された、感じにくくなっただけで、薬で回復に向かい始めたわけではありません。

抗うつ剤は、効果が出るまで1~2週から薬によっては数週間かかる場合もあります。また、抗うつ薬は症状が解消した後も、ある程度の期間(一般的には数ヶ月)、服用を続ける必要があると言われています。理由は、その時点では自覚症状がなくても、脳内の機能は、まだ完全には正常化していないと考えられるからです。抗うつ薬の作用が無くなったら、うつ病が再発しやすくなることがあるからとのことです。

また、再発の確率は、過去の再発回数と比例するようです。過去に再発が何回かあった場合、うつの症状が初めて出た人より、長期間の服用が必要になってきます。

しかし一方、長期服用は薬への依存体質を引き起こし、体にも負担が大きく、心への副作用はもっとハイリスクばケースもままあるようです。 このことは薬の注意書きにも書かれています。

抗うつ薬にはうつ病の症状を軽減することはできますが、うつ病の原因になった人間関係など精神的ストレスや問題自体を解消するものではありません。

向精神薬の副作用

中枢神経に作用して、精神の働きに影響を及ぼす薬物の総称で、具体的には鎮静剤、催眠剤、精神安定剤などのことです。服用するためには医師の処方せんが必要です。 *覚せい剤・麻薬・大麻等は向精神薬には含めない。

■鎮静剤
乱用すると、一時的に心地良い気分になりますが、その後、舌がもつれる、足元がふらつくなどの症状が現れます。多量に摂取すると死に至ることもあります。依存性があり、使用し続けると、最初の量では効果が感じられなくなります。薬の量を増やした後、突然使用をやめると、不安、不眠、痙攣(けいれん)などの禁断症状を引き起こします。

■催眠剤

乱用すると、眠ることなく普段通り行動できます。しかし薬が効いている間の出来事は記憶には残らず、夢の中にいるような状態です。過度に服用すると、脳の呼吸中枢を破壊して死に至ることもあります。酒(アルコール)と一緒に服用すると、強烈な抑制作用が起こり、昏睡や死亡の危険性があります。毎日適量を服用していても、長期間服用続けていると、精神的な依存状態になります。睡眠薬を飲まないと眠れないという思いが強くなり、実際にもそうなってしまいます。

不眠症は、生活習慣の改善などで改善できる症状です。薬だけに頼るのは止めましょう。

■精神安定剤

精神安定剤を必要としない普通の人が乱用すると、一瞬にして何も考えることができなくなるようなショック状態、言語不能、文字が書けない、などの極端な症状が現れることがあり、全身の筋肉が正常に動かなくなってしまうこともあります。抗うつ剤は、一時的に何でもきるような万能感が起きますが、副作用も強烈で、不眠、食欲不振、興奮、イライラ、情緒不安、性器萎縮などが起こります。耐性も強く、すぐに最初の量では効果が得られなくなり、薬物依存が始まります。

心の不調の種類

パニック障害は、突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、息苦しさ、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態のことです。パニック発作は、死ぬんではないかと思うほど強く、自分ではコントロールできないと感じます。

うつ病は、眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。

うつ病になると、脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。

双極性障害は、気分障害に分類されている疾患のひとつです。憂うつな気分になるうつ状態だけがみられる病気を「うつ病」といいますが、このうつ状態に加え、気分が高揚し愉快爽快な気分で意欲の亢進する躁状態も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

気分変調障害は、ほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続く慢性疾患です。この病気の特徴は、社会や家庭への不適応感や罪責感、さまざまな刺激への過敏性、人や社会への怒り、社会からのひきこもり、興味の喪失、疲れやすさや活力の減退、生産性の欠如です。

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってつらく耐えがたく感じられ、そのために精神症状、身体症状、また行動面に症状が現れる心の病気です。症状として、憂うつな気分、不安感、意欲や集中力の低下、イライラ感等、身体症状として頭痛、めまい、動悸、倦怠感等が認められます。適応障害は、うつ病と似た症状も見られますが、ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善する点が異なります。

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。眠れなくなることはよくみられますが、眠れないことイコール不眠症ではありません。不眠の原因には、環境や生活習慣によるもの、精神的・身体的な病気から来るもの、薬によって引き起こされるものなど、様々です。

社会不安障害は、公の場などで、失敗して他人から馬鹿にされることを過度に心配したり、プレッシャーや不安を感じる状態です。他人からの評価や、人から注目される行動に対する不安のため、その状況に強い苦痛を感じ動悸や息苦しさ等の身体症状が現れ、日常生活に支障をきたす病気をいいます。

強迫性障害は不安障害の一型で、その病態は、強迫観念と強迫行為が特徴です。強迫観念は無意味ないし不適切、侵入的と判断し無視や抑制しようとしてもこころから離れない思考やイメージなどで、強迫行為はおもに強迫観念に伴って高まる不安を緩和および打ち消すための行為です。強迫性障害は、具体的には、トイレのたびに「手の汚れ」を強く感じ、その不安から執拗に手洗いを続けたり、泥棒や火事の心配から、外出前に施錠やガス栓の確認をきりなく繰り返したりします。

病院でのパニック障害の治療について

病院でのパニック障害の治療には、主に脳内神経伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が行われます。

使用される薬剤には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、抗不安薬、三環型抗うつ薬などがあります。薬での治療の他には、心理療法を行っている医療機関もあります。

 

川越の整体で心の不調を解消しませんか?

不調はがまんせず、今すぐお電話を!049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
…………………………………………….
●外出してい時は留守電にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
…………………………………………….

2017-09-05

Posted by 小林昌弘