カズオ・イシグロ

投稿日: カテゴリー: 芸術

日本生まれのイギリス人作家のカズオ・イシグロ氏がノーベル賞を受賞した。
彼は5歳まで長崎で暮らしたが、父の仕事の関係で、イギリスに渡った。
日本政府が二重国籍を認めないので、日本国籍を捨て、生活してるイギリスの国籍を取得した。

僕が彼を知ったのは、カズオ・イシグロ氏の小説で映画化された『私を離さないで』(原題は ”Never let me go.”)
を観て感銘を受け、小説でも読んだからだ。

そのことは、以前、このブログでも書いている。
『私を離さないで』は、クローン人間を計画的に製造することで、100歳の平均寿命を獲得したという近未来のSF映画。
クローン人間たちは、生きたまま健康な臓器を取り出され、病気で機能しなくなった「本当の人間たち」の臓器に移植される。

クローン人間からではないが、実際に行われている臓器移植医療だが、その根本には、他者の犠牲の上に自己の生がある。「わたしを離さないで」は、クローンからの臓器移植をテーマに、この世界の理想の裏にある本質と矛盾が描かれている。

カズオ・イシグロ氏の受賞を、あたかも日本人の受賞であるかのような報道の仕方をしてるが、ノーベル賞は国にではなく、個人の業績に対して与えられるもの。彼は先に書いた事情で日本人ではない。日本にルーツのあるイギリス人だ。

民進党党首の二重国籍(しかも本人の責任ではなく、現在はとっくに日本籍だけになっているにも関わらず)を問題視する人達を批判するどころか、言い分に理が有るかのような報道が見られたことを考えれば、カズオ・イシグロ氏の受賞を日本の栄誉みたいに報道するのは、非常に違和感を感じる。

彼の作品は、当然のことながら独特の雰囲気と世界観、人間観があり、僕は好きなのだ。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で!

………………………………………………………………………………………………………..

●外出している時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

…………………………………………………………………………………………………..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です