「地球交響曲」

地球交響曲
耳にしたことがある人もいるかと思いますが、僕が一番影響を受けたドキュメンタリー映画です。

「地球はひとつの生命体である」というテーマに基づき、 それを体現しているような活動をしている各界の専門家に インタビューするという形式です。

身体と環境

この考え方は「ガイア理論」とも呼ばれ、環境保護活動に多大な影響を与えています。

各地で上映会が開催されていますが、一般の映画館やビデオショップでは観ることができないのですが、それがかえって商業主義の悪影響から逃れ、純粋にテーマに賛同する人の熱烈な支持を得ているようです。

僕自身も海外のいろんな場所を見てきて、登山やサファリなどを通じて自然と親しむ機会が多かったことと、野生動物や生命の進化に興味があり、自分で勉強をしていることもあってか、自分が考え、感じてきたことが、超一流の専門家や美しい映像と共に表現されているので、一度みてとりこになりました。

地球の環境は、そこで暮らす生物全てが作り出したものです。その意味において、全ての生物は地球という惑星レベルで観たとき、地球を構成する細胞のようなものです。

地球自体は人類が栄えようと滅びようと、存在し続けます。 だから「地球環境に優しい」などというのは、地球にとってはどうでもいいことなのです。

我々人類を含めた、現在の形の生物にとって、住みよい環境を維持するためには、今の産業形態では行き詰るというだけの話です。我々自身のために、汚染されていない自然環境は必要なのです。

極端な話ではなく、一人一人の暮らし方が直接、地球環境のあり方を左右していることを自覚したら、もっともっと美しく住みよい社会や環境ができるはずです。

責任ある態度とは、ひとりひとりの力を自覚し、いまいる場所や状況、人と関わっていくことだと思います。

自分には関係ない、一人では何の影響力もないという態度ほど、無責任で人任せなものはありません。

僕の仕事の整体との関連で言うと、身体も自然環境と観ることができます。外部環境の影響(汚染など)は、内部環境である身体にも当然ながら影響します。人も地球で誕生した生物の一種である限り、自然環境から離れて生きることはできません。汚染の少ない自然状態を保つことは、自己の身体を健康な状態に保つためには必要なことなのです。

 

 

◎ブログランキングに参加中。下記のボタンをクリックしてもらうと更新のはげみになります!

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

環境問題

Posted by 小林昌弘